プロフィール

Rico

Author:Rico

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉ひで

水天宮を後に、日比谷線人形町駅方面へと戻る。この水天宮前の交差点辺りも、手土産にしたいような美味しいお菓子のお店がたくさんある。本当はあちこち寄って食べまくりたいが、時間も予算も無い。そして、持ち帰るには生ものは日数がね・・・。仕方ない。

桜もほころぶ人形町。



さてさて、お目当ての『玉ひで』は・・・お!並んでいる!!足早に最後尾に着ける。10:45、私で11人目位。11時になると、徐々に列が長くなってきた。お店の人も出て来て、列の整理が始まる。近隣の方々に迷惑が掛からない様に、慣れた具合に列の仕切りをして行く。昼の部は、~13時までに並んだ方までだそうな。ちなみに、コース料理の方々は、並ぶのは不要です。11:20には、店を開けて入店が始まる。

下履きを預け、番号札を貰う。列の順番で、奥の窓口で注文。そこで食券を購入して、テーブル席に案内される。やはり、お昼のサービスメニュー「とく親子丼」。さりげなく、サイドメニュー?もあるではないか・・・。前の方々が色々と注文していく中、しばし悩んで・・・烏骨鶏の卵?!・・・「とく親子(¥800)と玉子かけご飯(¥300)1つ下さい!」 計¥1,100なり。

一人で行っている人は、少なかった。テーブル席とはいえ、廊下から床全面に竹?の敷物が敷き詰められ、足触りが良い。4人掛けの堀り机に、相席。



先ず、お茶と鶏スープが出てくる。澄んだ鶏スープ。あっさりだけど、しっかりと味が出ている。親子丼だけでなく、この店の鶏鍋/スープ炊きへの期待も膨らむな~。いつか、「親子御前」や「軍鶏鍋/スープ炊き」も食べてみたいものだ。

さてさて、お先にサイドメニューが来た。



「烏骨鶏の玉子かけご飯」 白身も二層に盛り上がって、黄身は尚一層盛り上がって・・・ぐふふ。程よい醤油ダレとシャカシャカ混ぜて、お茶碗ひっくり返したようなほかほかご飯の上を少し割っておいて、一気にかけて更に混ぜる。
うま~!!全然生臭くなくて、バランスの良い味。もう一杯食べたい気持ちもしたけど、今日の目的は親子丼、親子丼。

お向かいの二人連れは「極上親子丼」、同じく相席の女性は「元祖親子丼」。皆さん、羽振りの良い事で・・・。せっかく一つのテーブルに全種類の親子丼が揃ったので、写真を撮らせて頂きたかったけど・・・全くもって通りすがりの他人さん方。自分の写メするだけでも「失礼します~」で、とても言えませんでした。残念。

して、これがお昼限定の「とく親子丼」です!



やっぱり、並んででも来て良かった~!!!超うまっ!!
鶏や玉子の固さといい、出汁のキレといい、素晴らしくバランスが取れていました。出汁を鶏や玉子が十分に含んでいて、ご飯がべたべたしていない。ご飯や玉子、鶏を一緒に食べるその瞬間瞬間、たまらなく出汁が絡んで美味いのだ~。これまた、もう一杯欲しい気分でしたが、胃袋も財布も予算は無く。ごちそうさまでした!!

部屋の木戸を開けると、そこは最初に入った玄関へと出て、そこで番号札を渡し靴を出してもらう。満足して外へ出ると・・・並んでました。まだお昼過ぎだし。・・・外観です。



いや~。また行きたいな~。もう、場所も判ったし~♪
では、ちょいと人形町~甘酒横丁を散策しますか。


スポンサーサイト

<< 日本橋==上野 | ホーム | 日本橋~上野界隈 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。